荘厳さん その19(荘厳パパ)

722 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 13:08 ID:uPA5wPhzO
男「今日は参観日……荘厳さんのお母様にお会いできるわけか……!!」
荘厳「それが…今日母は仕事で来れなくなってしまいましたの…」
男「そ…そうなんですか…」
荘厳「申し訳ございません…」
男「な、荘厳さんが謝られることなどございませんよ!!」
荘厳「…そうですか?」
男「はい!もちろん……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

男「何だ!?この地響きは!!」



723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 13:18 ID:uPA5wPhzO
男「!!…窓ガラスが…次々割れて行く!!なんだこの気は!?」

ガララッ

男「ドアが開いた…誰が……」

男「!!誰もいない!?ドアがひとりでに開いたのか!?」

友「おい!!廊下に……!!」
男「!!あれは…荘厳さん!?いや…荘厳さんは教室に…」
友「す…すごいオーラだ…!!雷を纏っている…!!」
男「一歩進む度に床がめくれて岩盤が宙に……!!さらに砕けている!!そして光が荘厳さんの後光とは違い下から上へ噴き出している!!光と放電で輪郭しかわからないが……間違いない!!」
男友『あれは荘厳さんのお父様だ!!!!』



727 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 13:25 ID:Wl5oET80O
とうとう父が来たかwww



728 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 13:27 ID:AzZjCoBh0
父の職業はイカt(ryだったな



729 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 13:28 ID:WXYvhVTzO
ちょwwwwww父はZ戦士かwwwwwwwwww



730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 13:28 ID:xwS3NvLP0
父親は超ダンディ



731 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 13:34 ID:OdY9A2Dq0
父親の船もうぼろぼろじゃね?



732 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 13:34 ID:o+DfdXulO
イカt(ry が「イカ釣り漁船の乗組員」なのか「イカ釣り漁船」なのか気になるところだなwwwwwwwwww



733 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 13:37 ID:uPA5wPhzO
イカツイ格闘家



756 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 15:22 ID:tcX03grO0
とある港町にて

新入り「おつかれぇしたー!」
船長「おう、兄ちゃんおつかれー!今日はもう上がっていいぞー!」
新入り「どうもっスー!しっかし、今日は時化ってたっスねぇ」
船長「そうだなぁ。シゲの読みじゃあ今日は獲れるって聞いてたんだが、珍しい」
新入り「シゲさんが外したんスか!?明日は槍が降りますよ」
船長「ははは、ちげぇねぇ!」
新入り「でも、こんな事ってあるもんなんスか?」
船長「ま、海にゃあ色々あるからな。こんな日も――――ッ!?」
新入り「ど、どうしたんスか船長?」
船長「バカ野郎、気付かねぇのか!?」
新入り「え?あ、何スかアレ!?日の出!?でも、まだそんな時間じゃ……」
船長「違う、ありゃあ漁船だッ!」
新入り「漁船!?あれが!?確かによく見れば船に見えるっスが、何か宝船みたいになってるっスよ!?」
船長「あのお方だ、あのお方が帰って来たんだ……ッ!」
新入り「あ、あのお方?」
船長「よく見ておけ。あれが世界最高のイカ釣り漁船。かつて全長二十メートルの大王イカをまるまる三匹釣上げ帰って来た、伝説の男……!!」
新入り「凄い、あそこだけ魚とかイカが溢れかえって、海が虹色に……ッ!?」
ザッパァァァァァァァンッ!(邦画とかの前に出てくるあの波)
新入り「船長、見えません!神々しすぎて俺なんかにはもう直視できないっス!」
船長「荘厳、父……ッ!!!!」

荘厳「父様……大王イカは食べられないとあれ程…………むにゃむにゃ」
男「居眠りしてる姿も相変わらず神々しいけど、何だ今の寝言」



758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 15:29 ID:06U0D9iD0
>>756
父親かっけぇぇぇぇぇええええええええwwwwwwwwwwwwwww



759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 15:38 ID:ief/WqR30
>>756
父スゲェwwwwあと寝言萌えww



766 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 16:35 ID:gw9yxI2EO
~商店街~

妹「あ~! カレシさんだー!」
母「やだ、妹ったら突然どうしたの? ・・・・あら、あの人はこの間プリントを届けてくれた・・・」

男「(何か視線を感じるな・・・)」
妹「か~れっしさん♪ か~れっしさん♪」
男「おゎ! 何だこの娘!?(か、可愛い…)」
母「もう妹ったら……ほら!やめなさい! 突然失礼でしょ!」
妹「は~い♪」
母「全く・・・・あぁ、男さん。突然失礼しました。それと、この間はありがとうございました」
男「え?・・あ、はい。どうも・・・・(誰だ?・・何かDQN家族っぽいな。早く逃げないと・・・)」
母「荘厳も『男様がわざわざプリントを届けて下さったわ・・・』なんて言って、とても喜んでたんですよ」
男「(っ!! そうだ!荘厳さんの家族じゃないか! 全然オーラ無くて気付かなかった!)」
妹「カレシさんはぁ、お姉ちゃんに会いに来る口実でプリント持って来ただけだよね~♪」
男「ちょ、妹ちゃん何言って・・・・って彼氏さんとかじゃないから・・」
妹「え~? でもお姉ちゃん、家でいっつも『男様』の話するんだよ?」
男「え・・・(フラグktkr!)」
母「ほら妹! 男さんを困らせないの! ・・はぁ・・・・誰に似たのか・・・。男さん、ホントにすみません」



767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 16:37 ID:gw9yxI2EO
男「いえ、全然大丈夫ですよ。 ところで、ここで何を?」
母「あぁ、私達は夕食の買い物が終ったんですが、お父さんの買い物が長引いてるのでここで待ってるんですよ」
男「あ、そうなんですか(・・・お父様は一体どんな方なんだろうか?)」

‐ゴォォォォォォオオ‐

男「(っ!! こ、このオーラの質は!?)」

そう思うやいなや、男の膝が折れていく・・・・
気が付くと、男は土下座していた。

父「おう母!待たせたな!・・・ん?この方は・・?」
母「あ、この方は荘厳のクラスメイトの・・・」
父「あぁ男君か!話は聞いてるよ!いつも荘厳と仲良くしてくれてるそうだな」
男「は! スンマセン社長!」
父「はっはっは! 私は社長じゃないぞ? それに何故土下座しているんだい? 全く・・君は噂通り面白い人だな! はっはっは!」
妹「キャハハハ~♪」
男「(体が動かねぇ・・・)」
父「それでは、私達はこの辺で失礼するよ。これからも荘厳と仲良くしてやってくれ! はっはっは!」
男「は、はい!(・・あの親にして荘厳さんあり・・・か」


‐十分後‐


*「やだ~、なにあの人?」
*「プッ なんだアレ?」
*「土下座とかありえねぇんだけどwww」

男「ちょ、助けてwwwオーラ解けねぇwww」



768 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 16:47 ID:tZQuGVQw0
お父さんラオウwwwwwwwwwwwwwww



769 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 16:51 ID:uPA5wPhzO
荘厳のオーラ:跪かなければならないような気がしてならなくなってしまう
父のオーラ:体が言うことを聞かなくなって勝手に跪いてしまう



774 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 17:06 ID:1sOsjScm0
もういっそのこと父なんか

母「あぁ、私達は夕食の買い物が終ったんですが、お父さんの買い物が長引いてるのでここで待ってるんですよ」
男「あ、そうなんですか(・・・お父様は一体どんな方なんだろうか?)」

‐ゴォォォォォォオオ‐

男「(っ!! こ、このオーラの質は!?)」

父「おう母!待たせたな!」
母「はい。ところで、紹介しますね、こちら荘厳のクラスメート……あら?」
妹「あれ、いないねぇ……どこいったんだろ」
父「どうしたんだ?」
母「さっきまで荘厳のクラスメートの方がいたのだけれど…」


男「な、なんつーオーラだ……」
子供「ママー、なんであのお兄ちゃん壁にめりこんでるのー?」
女性「しっ! 見ちゃいけません!」

>>766氏改変失敬
[PR]
# by SouGons | 2006-08-03 18:13 | 荘厳さん