<   2006年 08月 ( 50 )   > この月の画像一覧

荘厳さん その4

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 23:22 ID:SWccpVwW0
男「よ、よう荘厳」
荘「あら、男様。・・・?どうして跪いていますの?靴紐でも・・・」
男「え?あ、なんでだろ・・・なんだか急にこうしてなきゃいけない気がして」
荘「?ところで、今日の1時間目はなんでしたっけ・・・?」
男「数学だよ。宿題出ててさ、教えてもr・・・頂けないかと」
荘「大変。忘れてしまいましたわ・・・お、男様、どうして土下座していますの?」



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 23:25 ID:kIulkKE10
以外にドジっ子なわけだな



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 23:30 ID:0xRWUdmr0
男「よかったら、一緒にかえ…送らせて頂けませんか?」
荘「そこまでおっしゃるなら…一緒に帰って差し上げてもよくってよ?」


荘「・・・・なんで常に私の2m後ろをあるいているんですの?」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 23:33 ID:jIi9k81SO
d0081516_02533.jpg
d0081516_034032.jpg




119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 23:48 ID:qG1ZqL1L0
>>118
おんみょうだんをくらえ



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 23:49 ID:SWccpVwW0
教「ぁー・・・じゃぁこの問をそ、荘厳。黒板に書いてくれ」
荘「はい」

男「(荘厳・・・なんか違ってないか・・・?)い、いや違うっこれは・・・!
   なんと美しい・・・真理の数・・・!」
教「こ、こんな完璧な数は初めて見た・・!
   輝いてすら見える、いや、輝いているっ!!!」

男「でも違うから」
荘「あら・・・」
教「おおおぉぁぁ・・・」



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 23:56 ID:HoPpYK3I0
>>120
お前上手いなwwwww



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 23:59 ID:2rxlf/pD0
荘厳てこうですか?よく解りませんorz
d0081516_04083.jpg




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 00:16 ID:0PadTAa2O
>>122
 こ れ は い い 無 駄 に 荘 厳 で す ね



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 00:06 ID:3hjvx/oo0
~クラスメイト数人に連れられお化け屋敷に来ました~

男「無理。苦手。やめて、ほんと、ほんとやめて。」
友1「ここまで来て引き下がるのは男じゃねぇぜ!」
友2「フフフ…ここ、めっちゃ怖いんだぜ、漏らすんじゃねぇぞ男ォ!?」
男「うぅ・・・・・」
友1「じゃあ  い ざ 突 撃 ! 」

友2「・・・・・妙に明るいな・・・」
男「・・・・・普通お化け屋敷に薔薇とか咲いてるのコレ?」
友1「しかも何でBGMにクラシックが流れてんだよw」
友2「おかしいな・・・前来た時はこんなんじゃなかったんだけど・・・」
友1「あれ?前にいる人あれもしかして─」
男「荘厳さん!!!」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 00:07 ID:sX0TloFO0
>>126
やべwwwwwwwwwwwwまじwwwwwwwwwwwww吹いたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 00:14 ID:T1P30KIF0
今北俺がログを流し読みして投下


荘厳「あら? あそこにいるのは…」

妹「あ、お兄ちゃん~」
男「よう、一緒に帰るか」

荘厳「誰かしら…あの子」

BGM:レクイエム

男「!? なんだ!? なんなんだ!?」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 00:33 ID:sX0TloFO0
男「おはよー」
友「おはよー」
男「昨日さ、なんか荘厳さん怒らせちゃってさ…」
友「あの仏の荘厳さん怒らせるなんて、おまえ何やったんだよw」
男「それが心当たりが…。機嫌直ってるといいなぁ」
友「…ん、なんか、聞こえるな…」

荘厳「おはようございますみなさん」(天使の微笑み

 BGM:ダースベイダーのあの曲


男「絶対怒ってるぅううううううう!!!!!!!!!111」
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:33 | 荘厳さん

荘厳さん その5

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 00:19 ID:2Ihu8sKMO
男「荘厳さん、あの映画見た?あのディズニーの、ど忘れした、海賊のやつ」
荘厳「ああ…あれですね、パイレーツオブ・かびりあん…あら?」
男「(!…フ、フォローせねば…)…す…素晴らしい英語の発音だッッッ!!」
荘厳「…噛んじゃっただけです…///」


映画館でチケット売りしてて1番多い言い間違い



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 00:37 ID:3hjvx/oo0
~友人数名と山へハイキングに~

友1「うん・・・迷った。」
友2「・・・・・」
男「・・・・・」
友1「・・・・・」

・・・・・沈黙・・・・・

男「・・・・・ん?」
友2「どうした?」
男「いや、なんか、さっきから小鳥たちとかが、みんな同じ方向に移動してるような・・・」
友1「本当だ・・・」
友2「とにかく、そっちの方へ行ってみよう」

歩くこと十数分

友1「なんだろう・・・歌声・・・?が聞こえる」

男「ああっ!これは!」
友1「も、森の動物たちが歌声に誘われ一人の少女を中心に集まっているーっ!」
友2「そしてその中心にいるのは─」
男「荘厳さん!!!」


ちなみに荘厳さんもお散歩をしているうちに道に迷ったそうです。
俺たちは自衛隊による捜索隊のヘリコプターで、次の日の夜、無事に救助されました。
何でも、荘厳さんの背後から発せられる謎の光で夜間にもかかわらず簡単に発見できたということです。



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 00:38 ID:sX0TloFO0
>>132
だめだwwwwwwお前の
「荘厳さん!!!」オチがツボにハマってwwwwwwwwwwwwwwww



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 01:11 ID:sX0TloFO0
男「かー、駅混んでるなぁ。こりゃ満員電車か…めんどくせぇ」
荘厳「あら、男様…」
男「え、荘厳!?」
荘厳「お出かけですか?」
男「あ、あぁ、ちょっと××の方まで」
荘厳「奇遇ですね…私もそちらの方にいくんです。途中までご一緒しませんか?」
男「あぁ、はい…」

 列車到着

荘厳「混んでますね」
男「満員電車、ニガテなんだよなぁ…」
荘厳「そうなんですか」
男「荘厳はニガテじゃないの?」
荘厳「普段とそんなに変わらないですから…」

 列車に乗り込む

男「は、半径2m以内に誰も近寄ってこねぇ!!!! 満員電車なのに!!!!」



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 01:14 ID:3hjvx/oo0
~よくわからないうちに荘厳さんと美術館へ来ました~

男「・・・・・(少しは慣れてきたけど、やっぱ今日も凄いオーラが出てる・・・)」
荘「男様は、美術品にはお詳しいのですか?」
男「あ…いや、それが全然わからなくって・・・」
荘「そうですか・・・実は私もあまり詳しくはなくて・・・」
男「そ、そうなんだ、あ、でもこの像はすごく綺麗だよね、ホラ、少し荘厳さんに似てない?」
荘「あらあらw男様ったら褒め上手なのね」
男「アハハハハwww・・・・・あ(突然の尿意)」
男「ごめん荘厳さん、ちょっとお手洗い行ってくるね。そのあたりで待っててくれるかな」
荘「はい。いってらっしゃい」


男「ふぅ・・・スッキリした。 ん?何だあの人だかり、何かすごい美術品でもあるのかな?」

男「あら?美術品じゃなくて生身の人間?え!?あ!す、すいませんすいません、その人は美術品じゃないんです!」
男「っていうか─」
男「荘厳さん!!!」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 01:18 ID:wAsmZSf3O
>>145
ねーよwwwwwwwww



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 01:30 ID:sX0TloFO0
なんかやっとキャラがつかめてきたぞ…(>>1なのに)



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 01:35 ID:3hjvx/oo0
友1「夏休みはコンビニでバイトするぜ!」
友2「似合わねぇ~wwwいらっしゃいませーとか言うの?w」
友1「うるせぇよw 男は何かするのか?」
男「朝刊の配達をやるよ。」

男「荘厳さん・・・は、バイトなんてしないか」
荘「あ、いえ・・・しますよ?バイト。」
友1「え!どんなの!?」
友2「メイド喫茶とか?wwwww」
荘「・・・・・イカ釣り漁船の・・・集魚灯とか・・・」
男「荘厳さん!!!」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 01:36 ID:sX0TloFO0
>>150
ねーよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ていうかなんか魚以外のものも集まってきそうだよwwwwwwwwwwwwwww



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 01:39 ID:Jl1R7YWn0
>>150
何故か一角クジラとか集まってきそうだよなwwwww



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 01:46 ID:sX0TloFO0
学校の遠足、山登り。

男「うわー、すごいガケだな、気をつけないと落ちそうだ」
友「落ちたらぜってー戻ってこれねぇな…」
男「こえぇー」
友「………わっ!!!」
男「うわっ! や、やめろよ馬鹿!!!!」
友「冗談だって、冗談wwww」

荘厳「……きゃっ!!!!」

 ずざっ!

男「そ、荘厳さんが落ちた!!!!!!」
友「な、ど、どうすんだよ!」

 ばさっ ばさっ ばさっ……

男「ん…なんだ、この音」
友「音とかそれどころじゃ…って、あ、あれは!!!」
男「鳥たちが集まって荘厳さんの体を持ち上げている!!!!
  舞い散る羽根、暖かな光……あれは、まるで…天使………」

みんな「荘厳さぁあああああああんっ!!!!!」



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 01:49 ID:X6PrzbDg0
荘厳さんって叫ぶオチがつぼったwww



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 01:56 ID:t8VimKWpO
~カラオケ~

男友1「~♪」
みんな「イェ~!」
男「次は…荘厳の番だ」
女友「荘厳さん…何歌うのかしら…?」
男友2「やっぱオペラっぽいのとか…?」


荘厳「ごめんね~すな~おじゃなくって~♪」
男「えぇ~っアニソン!!」
女友「しかも古い!」



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 02:00 ID:3hjvx/oo0
教師「はい、この問題わかる者、手をあげてー」
荘「 (´・ω・`)ノ 」
教師「じ、自由の女神っ・・・!!?」 クラッ~ バターン!
友1「せ、先生っ!大丈夫!?」
友2「頭打ったんじゃね!?っていうか出てる!何か魂的なモノが出てる!」
友1「う、上から光が差し込んできてる・・・!まさか!お迎えが!?」
友2「この現象ってもしかして─」
男「荘厳さん!!!」


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 02:05 ID:2T/+DrXN0
文化祭で喫茶店

荘厳「おはようございます……あら?もう準備は終わってしまいましたの?」
男「あ、おはよう荘厳さん」
友「もう終わっちゃいましたよ」
荘厳「そうですか……言ってくだされば手伝いましたのに」
友「いやいやそんな畏れ多い」
荘厳「……?」
男「雑用は男の仕事だよ。それより荘厳さん、ちょっと頼みたい事があるんだ」
荘厳「あら?何かしら」
男「ちょっとそこの椅子に座ってみてくれないかな」
荘厳「それくらいならお安い御用です。あら?ティーセットももう用意してありますのね」

ブワァァァァァァァァ(花が咲き乱れる)

友(すげぇ、やっぱりだ……ッ!)
男(庭園だ……ただの教室が、空中庭園のお茶会に見えるッ!)
友(行ける、これなら行けるぞ文化祭ッ!)
荘厳「あら?どうしたんです?二人とも」



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 02:09 ID:3hjvx/oo0
>>161
最高wwwww






っていうかそろそろ寝ます・・・保守は・・・任せる・・・頼んだぞ・・・・・
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:33 | 荘厳さん

荘厳さん その6

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 02:41 ID:0v0FUcCCO
男「昨日夢に荘厳さんが出てきたんだけどよー」
友人「お前よく生きてたな!!」
男「どういう意味だよ!?」
友人「お前知らねーの?B組の吉田、夢に荘厳が出てから3ヶ月ずっと眠りっぱなしって話だぜ!?なんでも寝言でずっとこう言ってるらしいぜ」
男「荘厳さん!!!!!???」
友人「イエス!!!!!!」



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 02:59 ID:2T/+DrXN0
ドッヂボール

友1「しまった!ボールが荘厳さんの手にッ!」
男「逃げろ、皆逃げるんだッ!」
荘厳「いきますよ……それっ!」
パァァァァァァ(光)
男「うおっまぶしっ」
友1「うおっまぶしっ」
友2「うおっまぶしっ」
友3「うおっまぶ(どかっ)」
男「友3ーーーーッ!」
荘厳「あら。また当たってしまいましたね」
男「くそ、さすが荘厳さんだ……」
友1「敵いっこねぇ……」
友2「っていうか捕れねぇよ!何だあの物凄い後光!?」
友3「俺、こんなネタ、マサルさんで……ガクッ」

教師「素晴らしい、あれこそ勝利の女神……ッ!」
女「保健委員ー!先生が鼻血噴いて倒れたー!」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:01 ID:bV5HWfWn0
>>173
ヒント:サングラス



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:02 ID:t8VimKWpO
~肝試し~

 くじ引きの結果、俺は女とペアになった
男「だ、大丈夫だよ、俺がついてるから!」
女「そんなこと言ってビビってんじゃないの?w」
男「ハハハ…んなわけないじゃん(実は苦手なんだよな…ハァ)
 森の奥へと足を進めていく。そろそろゴールかと思った…その時
 薄暗い森の奥から響く笑い声…
 そこには色白の女が立っていた。いや、立っていたという表現は不適切かもしれない。
 なぜならその女には、腰から下が、無かったから。
男「うわああああぁぁぁあああ!!!!!!!!!!」
女「きゃああぁぁぁぁぁああ!!!!!!!!!!」
 俺たちは声にならない叫び声をあげ、来た道を無我夢中で走って戻った。
 後ろを見ると女が有り得ないスピードで迫って来ている
 余りの恐怖に足がもつれる。だが、「ここで倒れたら殺される」
 そう確信できる程の「恐怖」に駆られ必死で走った。
 すると前方に自分たちの後ろの組らしき懐中電灯?の光が見えた
 俺は必死に声を絞って叫んだ
男「おい、逃げろ!いいから早く!!!!!」
男友「! どうした、何があった?!」
男「今は説明してる暇はっ……?!」
 後ろで何かが起こっていることを感じ振り返ると…
 女の霊が自分たちがさっき見た懐中電灯らしき光に照らされ
 安らかな顔で天へと昇って行っている…これって…成仏?
男「おい、お前のペアって…やっぱり荘厳さぁん!!!!!」
女「後光!懐中電灯じゃなく後光!」



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:03 ID:sX0TloFO0
成仏wwwwwwwwwwwww



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:11 ID:cyrmWv+80
ほしゅがてら

教師「えーっと…じゃあここから、そ、荘厳、立って読んでくれ」
男「駄目だ先生!荘厳さんに読ませたら……!」
荘厳「わかりました…せんせい、あのね…」
友「ていうか何で小学1年の…あぁ!!?いつのまにか教室がオペラ座に!」
教師「何故だ!何故こんなに感動的なんだ!!」
男「パイプオルガンの壮大なBGMが聞こえるっ!!!」
友「小学生の他愛もない日常なのに!!!」
荘厳「かさがあさがおになったよ…読み終わりました」
教師「ブラボォォォ!!!!!」
友「ブラボォォォ!!!!」
男「朝顔ブラボォォォォ!!!」
みんな「荘厳サァァァァァン!!!!!」

教室は15分間のスタンディングオベーションに包まれました。



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:12 ID:wJN0WoDWO
描いてみたは良いが荘厳じゃねえ。
d0081516_0262839.jpg




180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:17 ID:sX0TloFO0
少年「くそっ…もうこんな生活まっぴらだ!
    俺は、ここから飛び降りて……死んでやるんだっ!」
父親「お、おい、馬鹿なことはやめろ!」
母親「そうよ、自殺だなんて、そんなっ!」
少年「なんだよ、あんたら俺に一体何をしてくれたよ!
    俺がいじめられて帰ってきたって、引き篭もったって、傍観してるだけだっただろ!?
    それを今更……今更っ!!」
父親「うっ……」
少年「俺は、俺はぁあああっ!!!」

 少年、飛び降りる

荘厳「やめてくださいっ!」

 ふぁああああああああああ

少年「こ、この光は……あ、暖かい…」
父親「光が息子を包み込んでいるっ…!」
母親「聖なる光が、あの子をゆっくりと地上へ下ろして行くわ…!」

荘厳「やめてください…そんなこと…っ!」
男「わ、悪かったよ…飛び降り現場見ようと野次馬して、うっかり花壇の花を踏んだことは謝るよ!」
少年「お、俺が、俺が悪かったです! すみませんでしたぁあああ!」
男「…あれ? さっきまで飛び降りようとしてた人?」
荘厳「???」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:28 ID:aYHxvIE/O
コンビニ


深夜のコンビニに突如まばゆい光が差し込み
両明きの扉が重々しく音を立ててひらく
荘厳「…こんばんわ」

店員「ぃらっさぁせー」

荘厳、ゆらりとスウェットを翻し、
レジへ厳かに足を運ぶ
荘厳「すみません…からあげクンが欲しいのですが…」
店員「星降る高原で夢を見るように眠った若鶏に
聖なる白き粉をまぶし、
神が与えたもうた灼熱の黄金汁で
カラッと揚げたからあげクンでよろしいですか?」
荘厳「はい…」
店員「ありぁっござぃやしたーまたどうぞー」



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:29 ID:sX0TloFO0
>>182
どんだけポエマーなんだよその店員はwwwwwwwwwwwwww



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:35 ID:sX0TloFO0
役員決め

先生「あー、今期も女子の委員長はツン、頼めるか?」
ツン「はい、分かりました」
先生「で、男子の方は……立候補はいるか?」
男子一同「…………」
先生「いないか。じゃあ、推薦は?」
荘厳「はい」
先生「そ、荘厳っ!! お、お前が推薦すると、いうのか!?」
荘厳「はい」
先生「して、誰を推すというのですか!」
荘厳「私、男様が委員長には適任ではと思うのですが、いかがでしょうか」
男「え、俺!?」
荘厳「勿論、男様の意見もお聞きしないと…」
男「いえ、荘厳さんのご命令とあれば、俺は、身を粉にして貴女に仕える所存です!」
荘厳「あの、何故膝をつくのです…?」
先生「荘厳の推薦ならば間違いない、頼んだぞ、男」
クラス一同「おっとっこ! おっとっこ!」
男「お前ら、叫ぶ名前を間違っているぞ。称えるべきは俺じゃない、荘厳さんだ!」

クラス一同「うおおおおおおおお荘厳さぁああああああああああんっっ!!!!!!11」



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:36 ID:PUHfFzpy0
ツンかませ犬wwwwwwwwwww



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:36 ID:wJN0WoDWO
この保守が終わったら俺あいつに告白するんだ…
じゃあ、おやすみ。
d0081516_0265882.jpg




188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:38 ID:sX0TloFO0
>>187
お前の絵、かわいいな
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:33 | 荘厳さん

荘厳さん その7

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:50 ID:0v0FUcCCO
晴れてたはずなのに突然の豪雨、雷にみまわれた男

男「あ~雨だ、いきなり降るなよまったく傘持って来てねーよ」
荘厳さん「あら男様、びしょ濡れで、さぞお困りでしょう。さぁさ、こちらへ」
男「あ、すみません荘厳さん。荘厳さん傘持ってるなんて準備いっすねってこれ傘じゃなくて荘厳さんの上空の雨雲が途切れて雨が降ってないんだしかも小鳥までさえずって和やかに戯れちゃったりしちゃってるよて水たまりもサイドにひいちゃってるし!!」
荘厳さん「あらあら男様、そんなに騒いじゃって、何か奇妙奇天烈なものをご覧になったのかしら(微笑」
男「まさに破天荒だよ荘厳さああぁぁぁぁぁぁん!!!!!」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:57 ID:aYHxvIE/O
d0081516_0331946.jpg


掃除する荘厳さん



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:58 ID:sX0TloFO0
>>190
かっけぇええええええ!!!!!!!



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 05:58 ID:cyrmWv+80
保守ついでに

男「唐突にねずみの住む夢の国に来たわけだが」
友「男同士できても虚しいだけだな」
男「言うな。痛すぎるほどわかってる」
友「まぁ、来たからには楽しもうぜ。スプラッシュマウンテンでも乗るか?」
男「そうだな…お、なんだあの人だかり」
友「パレードじゃね? 俺はあんまり興味ないな」
男「俺も興味はないが…おい、みんなひざまずいてるぞ」
友「パレードにしては妙だな。なんていうか大名行列みたいな…」
男「!!? おい、あそこで土下座してるのミッ○ーじゃね!?」
友「なんで○ッキーが!?」
男「てかドナル○土下座激しすぎて頭取れてる!! 中の人見えてる!! 子供たちの夢が!!!」
友「ヘッドバンギングかよ…あっちにはシンデレラ姫がひざまずいてるし」
男「プリンセスまで…一体何が…ってあの凄まじいまでのオーラはまさか!!!」
男・友「「荘厳さぁぁん!!!!!」」
友「やっぱりかぁぁぁ!!!」
男「…てか、こんなところで1人で何やってんだろう、荘厳さん…」
荘厳「…迷子になってしまいました。ここはどこでしょうか、そこの大きなネズミ様」
ネズミ「ははははい!! ここは千葉県の浦安です!!!」
子供「ママー、ミッ○ーが喋ってるよー?」
母「仕方ないの! あの人には仕方ないのよ!!」



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 06:58 ID:cyrmWv+80
保守ついでに荘厳さんと映画を見にきました。

荘厳「私、映画を映画館で見るの初めてです」
男「へぇ、そうなんだ。俺も久しぶり」
荘厳「楽しみですわ」
男「うん。じゃあ、入ろうか」
映画館に入り、真ん中あたりに座る2人。
当然ですが荘厳さんの周りの席はオーラのおかげで誰も座りませんでした。
男「そろそろ始まるよ」
荘厳「わくわくしますね」
照明が落ち、あたりが闇に…
男「あれ?暗くならない…って荘厳さぁぁん!!!」
館内が暗くなるのに反比例して輝きを増す荘厳さん。そのまま上映開始。
男(…内容がわからない)
荘厳「…(うるうる)」
男(か、感動している! 荘厳さんには見えているというのか!!?)
観客A「な、なんて美しい涙なんだ…!」
観客B「心が揺さぶられる!!」
男「荘厳さぁぁん!!!!」
観客「「「「荘厳さぁぁん!!!!」」」」

ちなみに他の観客もスクリーンは見えていなかったようですが、荘厳さんの涙に上映終了後は拍手が鳴り止みませんでした。



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 07:58 ID:cyrmWv+80
お祭りにきました。

荘厳「浴衣を着るのも久しぶりですわ」
男「いや、似合ってるよ(十二単に見えた…)」
荘厳「あら、ありがとうございます」
男「そうだ、荘厳さん、金魚すくいとかやらない?」
荘厳「金魚すくい…ですか?やりたいです!」
おっさん「あの、私どもの店には錦鯉のような高級魚はいないんですが…」
男「あぁ、気にしないでください」
荘厳「えーっと、これ(ポイ)を使って金魚をすくえばいいんでしょうか?」
男「そうだよ…って金魚が自ら荘厳さんのお椀の中に!?」
おっさん「勘弁してくださいぃぃぃ!!」



229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 09:28 ID:cyrmWv+80
友「荘厳さんがまた小鳥と戯れてるぞ」
男「あぁ…いつもながら絵になるな」
友「いつもながらバックに薔薇が咲き乱れてるな」
男「BGMでクラシックも聞こえるしな」
友「…おい、なんだあれ」
男「ん? UFOでもいたか?」
友「なんかでっかい影が空を…」
男「あれは…鷹?」
友「鷹だな」
男「ま、まさか…」
荘厳「あら…大きな鳥さん」
友「肩にとまった!!」
男「鷹匠!!?」

朝になったので俺の出番はおしまい



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 10:10 ID:5/gSQLuF0
『体育祭 騎馬戦編』

男「いいか、優勝は我々赤組がもらうぞ!」
友「おぉーっ!」
男「じゃ、騎馬を組むぞ。荘厳、そこの三人の上に乗ってく・・・・荘厳?」
荘「はい、男様。すでに乗らせていただいています」
男「なッ・・・なんだこれは・・本物!?」
友「落ち着け、おそらくそう見えてるだけだ。正体は伊藤と江口と吉田だろう」
男「ほ・・・ほんとに幻覚なのか?体操着が甲冑に見えるしスピア持ってるぞ・・・」
友「落ち着けッ!オーラにやられるな!」

(騎馬の上で荘厳、そわそわしている。)
男「どうした、荘厳?」
荘「お、男様・・・大変申し上げにくいのですが・・・」
男「(思わず)は、はい」
荘「あの、・・・し、下で私を支えてくださるお方の頭が、私の、その・・・当たって」
男「え?」
(騎馬がちょっと揺れる)
荘「きゃふぅッ!・・・す、すいません男様・・・はしたない声を・・・」
男「(な、なんだこの甲冑、もとい体操服の下から湧き出る圧倒的なフェロモンは!?)」
友「コラ男!オーラにのまれんなっていってんだろうが!
  あと、吉田ァ!俺とそのポジションかわってください!」


正直すまんかった



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 10:14 ID:S2V+N6pAO
>>239
最後の友の一文に噴いたwwwwww
そのノリ好きだ



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 10:18 ID:0PadTAa2O
>>239
オーラスゲェwwwww



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:10 ID:t8VimKWpO
~ボーリング~

男友「次は荘厳さんの番だぜ!」
荘厳「わかりましたわ、よいしょっ」
 カッ!
男「うおっまぶしっ」
男友「これは!ボーリングの球が荘厳さんが手に取った瞬間から光り輝き始めた!」
男「その姿はまるで巨大な真珠!その光はエデンの園より現世に舞い降りた汚れ無き聖女の如し!」
男友「そのあまりの神々しさに天は晴れ争いは止み
  霊は成仏しじいさんばあさんは拝み出す…っ!」
男「あっおいじいさん一人召されてくぞ!」
男友「そんなことより見ろ!…投げるぞ……!!」
荘厳「えいっ」
 (ガーーガタッ)
荘厳「あら…溝に落ちてしまいましたわ」
男「ガーター…」
男友「ま…待て、見ろ!」
男「何ぃ?!ピンが…ピンがひとりでに倒れていく!!」
男友「そのまばゆいばかりのオーラがピンまでをも圧倒しているというのか…っ!」

その日荘厳さんはスコア300を叩き出しました



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:13 ID:sX0TloFO0
なんかアレだよなwwwwww
男とかが「料理マンガの解説担当」みたいなキャラになってるよなwwwwww
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:32 | 荘厳さん

荘厳さん その8

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:13 ID:zwvYiEoJ0
なんか野球したら勝手に球がバットに当って
サッカーしたら勝手にゴールに入って
バスケしたら何か独壇場になりそうだなwww



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:15 ID:sX0TloFO0
テニス

男「荘厳さんがテニスをしている…似合うなぁ」
友「だな……」
男「しかし、荘厳さんすごいな…全部打ち返してる」
友「ていうか、ほとんど動いてないよな」
男「…まるでボールが吸い込まれるように……」
友「あれは、手塚ゾーンならぬ…」

男「荘厳ゾーン!!!!!」



270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:16 ID:ggqpryuf0
>>269
バロスwwwwwwwwwwwwww



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:18 ID:1ZilIBFN0
>>269
マジかよwwwwwwwwww



273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:19 ID:t8VimKWpO
>>269
テラプリンセスwwwwwwwwwwww



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:22 ID:23Wjo6ny0
>>269
 ま さ に お 蝶 婦 人 



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:23 ID:NwIS203g0
>>269
木嶋ゾーン吹いたwwwwwwwwwww



276 名前:1/2 投稿日:2006/08/02(水) 13:26 ID:0iILgBoH0
ごめん、暇だったから書いた
「陶芸」

男「今日の美術は土をこねて器を作るみたいですよ」
荘厳「まあ、私陶芸って初めてです、楽しみ」

先生「形は自由だが、初心者はなるべく簡単な形にした方がいいぞ」

荘厳「男様はどんなものを作るのですか?」
男「うーん、簡単な皿でも作るつもりです、荘厳さんは?」
荘厳「私はマグカップにしようかと思ってます。」
男(マグカップとはまた荘厳さんのイメージとは離れてるなw)

先生「よし、成形が終わったらしばらく陰干ししてから窯入れだ完成は2週間後だ」

男「へぇ、荘厳さんカップ2つ作ったんですね?」
荘厳「ええ、時間と土が余ったので2つ作っちゃいました、上手くできたら男様にお一つ差し上げますね」
男「ありがたき幸せ!(・・・はっ!つい、跪いてしまった!)」



277 名前:2/2 投稿日:2006/08/02(水) 13:27 ID:0iILgBoH0
-----2週間後

男「うーん、我ながら中途半端な出来だw」
荘厳「・・・」
男「あれ?どうしたんですか?荘厳さん」
荘厳「実は・・・男様に上げるはずのマグカップの取っ手部分が取れてしまってて・・・
    これでは差し上げることができません・・・(´・ω・`)」
男「何言ってるんですか、荘厳さんが作ってくれたものならなんだって頂きますy

男(っ!!!こ!これは!!!!1111
  なんということだ!この質感!色合!造形!何よりこの神々しさ!
  すごい!こんなものがこの世に存在するのか!?器を見ただけで涙がこぼれるっ!!)

荘厳「・・・ごめんなさい、やっぱり変ですよね?」

男友1「その器!!!男が受け取らないなら俺に譲ってください!!」
男「ちょ!!待てなんだお前!横から勝手なことを言うな!!」
男友2「待て!!!そもそも男にその器を受け取る資格があるのか問いたい!」
男「ふざけるな!あの器は荘厳さんが俺にくれると言ったものだ!でしゃばるな!」
先生「やめるんだお前達!喧嘩をするなら私が器を没収する!」
男達『ぶっ殺す!!!』



   後 の 聖 杯 戦 争 で あ る


278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:29 ID:zwvYiEoJ0
>>277
士郎たちはそんな経緯で生み出されたものを争ってたのかwwwww





というかねーよwwwww



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:30 ID:o5R6FhPy0
荘厳「お花にお水を差し上げましょう」
男「荘厳さんが水遣りをしている・・・なんて綺麗な姿だろう」
シュル、シュルシュル、ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・
男「こ、これは・・・花がすごい速さで成長している!」


後の世界樹である



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:35 ID:t8VimKWpO
TV「(ジャ~ジャジャン!)怪奇!謎の発光体!」
レポーター「最近主にこのコンビニと200m程離れた民家の間で
 複数の住民によって何度も人間大の発光体が目撃されているというのです!」

男「ガサッポリポリ…(多分荘厳だな……)」



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 13:54 ID:zCW0Rh+60
男(誰だよ・・・カラオケなんかに荘厳呼んだの・・・!!)
友1(いや、荘厳さんが自分で来たいって・・・!!)
荘厳「みなさん、こんなものを用意してきましたの♪」
友2「お、王様ゲーム!?」
荘厳「全員引きました?では・・・王様だ~れだっ」

カラオケ機器が誤作動を起こし『ニュルンベルクのマイスタージンガー 前奏曲』が流れる。

男「王!?」
友1「それはッッ!!!」
全員「あなた様のことにございます・・・・・・ッッッ!!!!!!」

その後カルピスソーダを届けに来た店員が「ぜひ私めを王の生贄に」と
荘厳さんの靴を舐めようとするのを止めるのに時間をくって、あんまり歌えませんでした。タダにはなったけど。



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 14:04 ID:o5R6FhPy0

こんにちは

こんにちは



僕はトム・リドルです

私は荘厳です



その瞬間、日記は塵となった・・・



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 14:05 ID:sX0TloFO0
もう人間じゃなくなってきてるwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 14:06 ID:t8VimKWpO
>>295
ちょwwwwww秘密の部屋wwwwww
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:32 | 荘厳さん

荘厳さん その9

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 14:24 ID:dM8UOJ7m0
~花火大会~

アナウンス「…──え~本日予定していた花火大会ですが豪雨のため中止ということに─…」
友1「・・・・・」
友2「えぇぇぇぇぇ('A`)」
男「ハハ…まぁ、どのみち男だけで花火大会なんて面白くないだろ?」
友2「ち、ちがうわい、これから何らかの出会いがある予定だったんだい。・゚・(ノД`)・゚・。」
友1「・・・・・あ、あそこにいるのって、荘厳さんじゃない?(何か夜にもかかわらず明るいし)」
男「あ、ほんとだ!(夜なのに明るい・・・) お~い荘厳さ~ん!」

↓何故か荘厳の上空だけ星空
荘「 ! あ、男様!」  ブゥォワァ ←急激にバックに咲き乱れる花

友2「は、花火!?」
友1「! 違う!落ち着け、あれはいつもの荘厳さん効果だ!」

そこらへんの人々「え、花火!?」

友1「(男に会った瞬間荘厳さんの眩しさが上がった!?)」
男「!!? 荘厳さんの光に誘われ虫がたくさん集まってきた!?」
荘「キャァァァァァァァァァァァァ!む、虫は苦手なんですぅぅ・・・・・」クラ~
男「荘厳さん!!!」

↑荘厳が倒れても夜空に咲き誇り続ける花々
そこらへんの人々「お~い、むこうで花火が始まったみたいだぞ~!」
男「荘厳さん!!!」



304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 14:58 ID:dM8UOJ7m0
~人助け~

女「イヤッ!やめてください!」
悪人「いいだろぉ~ちょっとくれぇよぉぉ~」サワサワ
女「嫌ですっ!誰かぁっ!」
バンッ 荘「おやめなさい!」
悪人「ぁあ~ん、綺麗な姉ちゃんだなぁ、アンタに何ができんだよ?」
ブワッ! ←また何故か荘厳の背後に咲く花々
男「こ、これはっ・・・!荘厳さんの花の蜜を求めて多数のミツバチが集まってきたっ!」
↑どこからともなく現れた男(解説のために)
荘「さぁ!行くのよあなた達!」
男「ミ、ミツバチ達を操っているっ!!!??(虫は苦手な筈じゃなかったか…?)」
悪人「痛っ痛い!痛い!うあわぁぁぁぁぁぁ・・・・・・!」

荘「・・・もう大丈夫!追い払ったわっ!」
女「あ・・・ありがとうございますっ!!!」
男(か、かっこいいけど・・・・・えぇ~~~っ・・・?)

荘「でもあの人・・・確か前にも私がハチさん達に追い払ってもらったことがあるのよね・・・」
荘「・・・アナフィラキシーショックでお亡くなりになっていなければいいのだけれど・・・」
男「荘厳さん!!!」





ちなみに俺と荘厳さんはその後、例の男のお見舞いに行きました。体は大丈夫だったようです。
反省している様子だったので、荘厳さんも上機嫌でした。
また、あの日俺が素早く現れ、解説をする事ができたのは
街でたまたま見かけた荘厳さんをストーキングしていたからなのですが、本人が気にしていないようなので特に何も言っていません。



306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:00 ID:sX0TloFO0
>>304
なんか、ストーキングっていっても、恋愛感情とかいうより、
なんか別の物っぽいストーカーだなwwwwwwwwwwwwwwwww



312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:31 ID:RGr7rmOk0
友1「・・・・・何してんの?」
友2 コソコソ・・・「ん?これはな、録音機器ですよw」
友1「見ればわかるってw それで何を録音するつもりかと聞いているwww」
友2「うむ、ではプロジェクトSについて説明しよう─

  荘厳さんの居るところには何故か情緒溢れるBGMが流れる
    何処から流れてるのかはよくわからないが・・・
   それを録音してCDにしてしまおう!という計画・・・それが

プロジェクトSだぁぁぁぁぁーーーっ!!!!!」

友1「なるほど・・・それで早朝から荘厳さんの椅子の下に細工をするという変態行為に及んでいるのか・・・w」
友2「ちょwww変態とか言うなwwwww」


数ヵ月後 CDショップ 視聴機コーナー
男「ん?この曲聞き覚えが・・・」

☆奇跡の音色!  素性が謎のアーティスト 『SO-GON』 の1stデヴューアルバム!
  クラシック音楽のCDとしては異例の売り上げを記録! 全世界1000万枚突破記念─

男「え・・・じゃあやっぱりこれって─」
男「荘厳さん!!!」




荘厳さんに話を聞いても何も知らない様子だったので
友人二人を締め上げたところ白状しました。
印税は全額ユニセフへ。『SO-GON』は翌日引退しました。



316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:36 ID:vntX7Gs30
荘厳さん、自身の感情表現は穏やかだろうけど
背景効果の推移で感情丸分りだからポーカーとかできないだろうなwwwwwww



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:40 ID:zwvYiEoJ0
>>316
でもそのオーラで自然といい手札が集まるんじゃね?



318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:42 ID:2T/+DrXN0
>>317
何回やってもロイヤルストレートフラッシュ



319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:42 ID:Afg9EGCz0
>>316
さり気なくロイヤルストレートフレッシュとか出してきそう。
トランプゲームはよく知らんが



320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:43 ID:L5ZuEEHX0
>>319
しかもスペードジョーカー無し



321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:43 ID:zCW0Rh+60
いや、全員札をオープンして終了



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:47 ID:RGr7rmOk0
       荘厳さんの家には


         照明が無い



323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:48 ID:sX0TloFO0
友「なぁ…なんか、うちの親が変な宗教にハマっちまってさ…」
男「変な宗教?」
友「ああ、何か心配になって調べてみたら悪質なカルトみたいでさ…どうしたらいんだろ……」
男「そういうのって抜け出すの大変っていうもんな…うーん……」
荘厳「許せませんね、人の弱みと信じる心につけこむなんて……」
友「そ、荘厳さん!!!」
男「はっ……荘厳さん、荘厳さんがこいつの親と話てみてくれないか!?」
荘厳「え?」
友「そ、そうだ。荘厳さんならっ!!!」
荘厳「わ、私でお力になれるかは分かりませんが……」

荘厳「そのような、まがい物の神を信仰するなど、間違いです!」
友父「そ、荘厳様っ!!!」
友母「荘厳さまぁっ!!!」
友「荘厳さんは俺達のメシアだ!」
男「女神さまぁあああああああああああ!!!!!!」
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:32 | 荘厳さん

荘厳さん その10

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:49 ID:CWQxROHeO
洋風に荘厳なのか和風に荘厳なのかわからん。
姉は洋風で、BGMも洋楽器のオーケストラ。妹は和風で和楽器の(雅楽的な)曲が流れる…とかならいいな



326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:55 ID:0iILgBoH0
>>324
和風の荘厳か・・・面白そうだwww
書いてみたいがこれといった和風荘厳が思い浮かばない(´・ω・`)
誰か書いてください。



327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 15:59 ID:g1Wg1ery0
どちらかと言えば洋風
家族自体(例えば母、妹)は普通、家も普通
父親だけ同じオーラを発している
家族にはオーラが効かない
ちょっとドジで頭が若干悪い
いやに所帯じみている

俺は勝手にこんな感じに想像している
微妙に矛盾してるなこの設定



328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:00 ID:+p2WsOrA0
和風は荘厳というより雅というイメージ

・・・という独り言



329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:02 ID:2T/+DrXN0
俺はよくわかんないからとりあえず後光が差してるイメージ
宗派とかは関係ない



330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:03 ID:0iILgBoH0
雅な感じも決定的なイメージが出てこないwwwww



331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:05 ID:rpTnWrjg0
こんな感じなのか?


d0081516_044074.jpg




332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:07 ID:sX0TloFO0
和風

朝 BGM:春の海(正月番組でよく流れる「ちゃん、ちゃららららららん」って奴)

荘厳「おはようございます、みなさま」
皆「おはようございます、荘厳さんっ!」
荘厳「ふふ……今日も良い天気ですね…」
男「ところで荘厳さん、今日の放課後カラオケ行かないかって話なんだけど」
荘厳「本当ですか!? それはもう、是非……」

 ざっぱーん!(日本海の荒波が岩に砕ける音

荘厳「なんてことでしょう……今日は、スーパーの特売日……」
男「な、なんだって!?」
荘厳「みなさまと、遊びたいのに……」

 何故か日が傾き、夕暮れ。ヒグラシの鳴き声、遠くから聞こえる「かごめかごめ」の歌……

荘厳「………」
友「そ、荘厳さんっ!」
男「俺達は荘厳さんを悲しませる真似は決してしない! お前ら、今日の放課後はスーパーで買い物だ!」
皆「おおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」



333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:08 ID:E994Aa9FO
~人通りの少ない路地~

荘厳「男様・・・・あの、お話しが・・・」
男「ん? なに荘厳さん?」

荘厳「///// ブアァァァァ←照れる荘厳を包み隠す様に花が咲き乱れる。

男「な、何だ急に!?」

荘厳「・・・男様。私、以前からあなた様のことが・・・」
男「(え!?嘘だろ!?)」

荘厳「その・・好・・・す・・・・・あぁ駄目!!(瞬間、薔薇やら食虫花が入り乱れて凄い事に)やっぱり言えませんわ!(走り去る荘厳さん)」

男「え・・? ちょ、ぎゃああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・」

陰で見ていた友1「す、凄ぇ・・オーラだけで人をここまでズタズタに出来るとは・・・さすが荘厳さん・・・・。で、お前は何故荘厳さんを怒らせたんだ?(声は聞こえてなかった)

男「かゆ・・うま・・・」


スマン、適当に書いた



334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:08 ID:CWQxROHeO
雅な感じは分かりやすいよ
着物を着て長髪で、扇子を持って…あえて言うなら侑子さんって感じ?



337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:24 ID:2T/+DrXN0
修学旅行にて

教師「んじゃ、それぞれバスに乗れー。間違えんなよー」
全員『はーい』
友1「えっと、俺たちのバスは、っと……え?」
男「……ちょっと待って、何かこのバス一つだけ物凄い輝いてるッ!?」
友2「本当だ!一体何だ、この神々しさは……ッ!ただの地元の京都行きバスのはずなのにッ!」
男「違う、これは、これは京都行きなんかじゃない……もう月とか天界とかに向かう感じの送迎車だ……ッ!」
友1「羽が……バス全体を優しく包み込むような、雄大な翼が生えて……」
男「見ろ……ッ!運転手まで神々しく光に包まれてて、何かもう良く見えない!」
友2「なぁ、俺たちこのバスに乗っていいんだよな!?向こうで身分不相応とかで降ろされたりしないよな!?」
男「っていうか、やっぱり先にバスに乗ってるのは――――」

荘厳「あら?どうしたんですかみなさん」
男友『荘厳さん!!!!!!!』


338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:27 ID:SVO++pm50
和風荘厳は  立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花
洋風荘厳は  立てばサファイア 座ればルビー 歩く姿はアクアマリン  
                                              ってところか


339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:27 ID:RGr7rmOk0
~見学旅行に来たようです~

友1「おい・・・次東大寺だけど・・・ヤバイんじゃないか?」
男「何が?」
友1「荘厳さんだよ!」
友2「感覚を混乱させるだけとはいえ、一時的にでも国宝の数々が西洋風に変えられてみろ、坊さん達、ショックで解脱しかねん」
男「お、落ち着け、見ろ、荘厳さんは今お眠りになられているところだ。バスが着いても目を覚まさない事も考えられる・・・」
友1「・・・・・俺たちには祈ることしかできないのか・・・」
友2「・・・眠ってても出てるんだな、色んなのが・・・」
男「あぁ、出てるな、色んなのが・・・・・」


十数分経過


荘「うわぁ~なんて厳かな寺院なのでしょう~!」
男・友1&2・教師「 (も う だ め だ) 」

男「!!! え!? いつのまにか荘厳さんが和服に!!?」
友1「いつも背後に咲く薔薇や百合が、菊や桜の花にっ!?」
友2「BGMもなんかよくわからんけど和風な感じになっているーっ!!」
男「いつもの眩しい後光が今日は障子ごしのような淡い光に!」
友1「す、凄い・・・決して和の雰囲気を壊すことなく、いや、むしろ引き立てるかのような─」
友2「これはまるで・・・・・如来!? ああっ、坊さん達に取り囲まれて念仏されているっ!」
男「荘厳さん!!!」



和風ってこうですか!わかりません><


340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:30 ID:2T/+DrXN0
修学旅行にて2

教師「はい、こちらがこのお寺の住職の十姉妹さんです」
住職「バーカ!」
教師「十姉妹さんは何でも五代目だそうで……」
男「先生違う!多分その人絶対違う!明らかに偽者!」
教師「は?何を言ってるんだ男」
友「そうだぞ男。住職さんに失礼じゃないか」
男「えぇえ!?皆不自然に思わないのか!?だってどう見ても鳥じゃん!バーカとか言ってるし!」
友(可哀想な子を見る目)
教師「男、疲れてるのか?少しバスで休んで来い」
男「え、何!?俺がおかしい!?俺がおかしいのッ!?」

荘厳「いいえ、男様はおかしくありません」

男「そ、荘厳さんッ!!!」
荘厳「皆は欺けても、私と男様は欺けませんでしたね。さあ、正体を現しなさい!」
パァァァァァァァァァァァ!(後光、通常の三倍)
全員土下座『ははああああああああああ!!』
荘厳「え?いえ貴方たちは別に……」
通行人A「ありがたやありがたや……」
通行人B「こんな所で生き神様に逢えるとはのぅ……」
荘厳「え?え?」
通行人C「ああ、仏像などによろめいていた私をどうかお許しください!」
通行人D「凄い、神様って本当にいたんだ……!」
荘厳「あ、あの……」
男「さすがだよ、荘厳さん!!」

住職「UNO!」
男「お前はもう帰れ」



345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:36 ID:2T/+DrXN0
修学旅行にて3

女1「せんせー……」
教師「ん?どうしたんだ三人揃って」
女2「あの、眠れないんです」
女3「全然落ち着かなくって……」
教師「何かあったのか?」
女1「とりあえず、私たちの部屋に来てください」
教師(え?何コレ?もしかしてフラグ!?フラグキタコレ!?ひゃっほぉいッ!)
女3「先生、何にやにやしてるんですか?」

女2「行きますよ……(扉を開く)」
教師「な、こ、これはッ!?」
男「神殿ッ!?ただの旅館の一室が、神々が眠る聖なる寝室にッ!?そして、やっぱりそこで安らかに眠っているのは――」

全員『荘厳さぁんッ!!!!!!』
荘厳「ふえっ!?」
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:32 | 荘厳さん

荘厳さん その11

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:36 ID:DVElCTt70
>>340 なんか浮かんできた

~深夜のとある場所~


タッタッタッ

「……ハァッ、ハァッ」
「に、逃げ切った……か?」
「だ、だから俺は肝試しなんて嫌だったんだ!」
「何言ってんだ!噂の心霊スポットに行きたいっていったのは男だろ!」
「それはそうだけど!あんな怪物が出るなんて聞いてねえ!」
「そんな事俺だって知らねぇよ!あんなヤツに次出会ったら……」
「キシャァァァァァァ!!!」
「うあぁ!!出たぁぁ!!」
「も、もうダメだぁぁぁぁ!!!!」

シュッ

「何だ!?何か飛んできたぞ!」
「お、お札!?」

ピカァァァッ

「キシャァァァ!!!」
「……やれやれ、まだ生き残りがいたのですね」
「あ、あれは!」
「荘厳さん!」


347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:38 ID:DVElCTt70
「キャァァァァァ!!」
「ふっ、今楽にして差し上げますわ」

──ィィィン

「そ、荘厳さんの周りに光の帯のようなもんができている!」
「森羅万象をつかさどる神々よ! 光の調和を持って、邪な者たちを灰燼と化せ!
 ユウテイミ・ヤオウキム・コウホリーユ・ウジトリヤ・マーキラペペ!!」

ドガガガガガガガガッ!!!

「キシァァ、ァア、ァァ……」
「す、スゲェ!オーラだけであの怪物を!!」
「……危ない目に合わせてしまって申し訳ありません」
「い、いえ!ありがとうございます!」
「ついでに結婚してください!」
「ふふっ、それでは私はまだやるべきことがありますので……」

ヒュンッ

「……荘厳さんって、何者なんだ?」
「……オーラだけなら神様仏様レベルだな」



349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:38 ID:2JYXmoHz0
人外ハンター荘厳さんか



350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:38 ID:mEtgh6syO
もう荘厳ってレベルじゃないなwww



352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:39 ID:2T/+DrXN0
修学旅行にて4

男「ほーら、鹿ども、味のない煎餅だぞー」
友「これって味ないのか?」
男「そう聞いてるけど。食ってみれば?」
友「遠慮しとく。しかし、鹿の数少なくないか?」
男「確かに。もっといっぱい居るもんだと……っておい、アレを見ろ!」
友「どうした……ってうわぁぁ!?何アレ!?」
男「鹿が……びっしりと整列して、跪いているッ!?」
友「っていうかあそこだけ芝じゃない!色とりどりのお花畑だ!」
男「そしてやっぱりその中央に立っているのは――」
男友『荘厳さんッ!!!!!!!!』

荘厳「あ、あの、皆さん、私、もうお煎餅もってませんよ……?」



353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:41 ID:PCsojm+l0
鹿せんべいは食ったことあるが、やはり味がしないというか小麦粉味というか



354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:42 ID:0PadTAa2O
>>345
っていうか男はどこから出てきたんだwwwwwwwwww



355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:45 ID:0iILgBoH0
荘厳な力の自覚が無い
ちょっと抜けた某ベルダンディーというのが俺のイメージだな



356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:50 ID:PCsojm+l0
>>355
同意



361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 16:57 ID:S2V+N6pAO
ヘ○ヘ
  |∧ 荒鷹「荒ぶる鷹のポーズはねー、こうやるんだよ!」
 /



ヘ○ヘ
  |∧ 荘厳「こ……こうですか?」
 /


(パァァァァァ……)


男「ゲェ――――ッ!?鳳凰だ!鳳凰が降臨しなさった――――ッ!?」
友「一挙一動即荘厳!これはもう無形文化財もんだネ!」



363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 17:05 ID:50rCaX280
このスレ開いたら
壊れかけてた右のスピーカーが音を発するようになった。
マジでマジで。



364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 17:08 ID:RGr7rmOk0
>>363
ちょwwwwwwwwwwwww



371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 17:42 ID:I4Q5DAUV0

d0081516_0522968.jpg

荘厳さんってこんな感じですか?



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 17:45 ID:SgskYS+z0
>>371
自分が如何に小さい存在かを知りました。



373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 17:48 ID:E994Aa9FO
>>371
ギャグキャラとして見てたはずなのに、萌えるから困る。



374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 17:51 ID:I4Q5DAUV0
>>373
俺の拙い絵で萌えてくれてありがとう



375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 17:52 ID:0iILgBoH0
>>374
拙い絵だなんて……とても良い絵だと思うお



391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 18:29 ID:CeCpm56JO
d0081516_0524677.jpg

空気って何ですか><



395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 18:32 ID:OaWt1iqc0
制服はセーラーですか?ブレザーですか??



396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 18:35 ID:p06qOc5U0
>>395
ブレザー。誰がなんと言おうとブレザー。これだけは譲れない。



397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 18:38 ID:OaWt1iqc0
了解。描いてみる
さっき描いたのはセーラーだったけど許してくれ
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:31 | 荘厳さん

荘厳さん その12

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:24 ID:y/mHJGyo0
校内合唱コンクール

校長「いやぁ、今回の合唱コンクールも盛大ですねぇ」
教頭「ええ。技術は拙いですが、皆精一杯練習していましたから。何とも微笑ましい限りです」
教師「微笑ましい……ですか?」
校長「おや?貴方は次のクラスの……」
教師「微笑ましい、微笑ましい……ふふふ、そう思うなら、そう思っていればいい」
校長「……どうしたんでしょう、あの先生」
教頭「そういえば、あの先生最近よく倒れるそうですし。……少し、危ないんじゃないですか?」
校長「そうですねぇ……まぁ、少し様子を見ましょう。あ、次のクラスが始まりますよ」

アナウンス『次のクラスの入場です』

ブワァァァァァァァァァァァ

教頭「……え?こッ、これはッ!?」
校長「オペラ、ハウス……ッ!?」
教頭「景色が一瞬で……ッ!?そんなバカな、一体何が起こっているんだ!?」
校長「あ、あれは……」
教頭「て、天使……ッ!?」

荘厳『母なーるー大地ーのー、ふーとーぉころにー』

校長「おおお、なんて、神々し、い……ガクッ」
教頭「校長!?校長ーーーーッ!!」
その日、会場の人間の約半数がマインドクラッシュを起こして病院に搬送されました。

やべ、男出てきてねぇw



423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:26 ID:vtB55nqA0
マインドクラッシュwwwwwwwwwwwwwwwwww



424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:27 ID:3vXyWW7P0
なんかもう「荘厳」とかそんなレベルじゃないwwwwwwww



428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:35 ID:eHW16euJ0
これで実は貧乏とかだったら素敵だな



429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:37 ID:vtB55nqA0
>>428
きっと裕福だよ
荘厳だから



430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:38 ID:5ZOtUzvp0
皆が色んなもん捧げてくるからな
土地とか



432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:41 ID:KrV8vOT10
ベルダンディーと神宮寺奏とアリシアさんを足して10でかけた感じか。

男「本当に畏れ多い・・・荘厳さんに教室の掃除をさせるなんてッ」
荘厳「毎週言われてますけど、当番ですから。私だけやらないなんてできません」
男「だって・・・俺と荘厳さんの2人きりじゃないですか!こんなところ他の人に見られたら・・・悪魔として磔刑にされます俺」

ガララッ(扉が開く)

女「・・・おかしいなあ、今荘厳さんの後光が見えたはずなんだけど・・・」

男「・・・・・・・・っ」
荘厳「・・・・・・・(///)」



434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:45 ID:+wXAbVrkO
「身は貧しくとも
 心は貴族のように」

これが信念だったら燃える



435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:46 ID:KrV8vOT10
男「(しまった・・・なんで掃除ロッカーなんかに隠れちまったんだ俺、しかも荘厳さんと一緒に・・・!!!!)
荘厳「あ、あの・・・ごめんなさい、狭いでしょう?」
男「そそそそそんな滅相もない!!こんな・・・こんなうわ゛あああああ」
荘厳「暗いところは苦手で・・・そっちに行っていいですか・・・」
男「(おっぱいあたってる!!おっぱいあたってるよ荘厳さん!!頼む、気づかないでください・・・)」
荘厳「あら・・・これは」
男「・・・俺のモノが体内に潜り込んでいる!?荘厳さんに対する性欲を抱くことを理性が許さないのかァァァァァァァ!!!!」
荘厳さん「女性の方でしたの・・・?」



437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:48 ID:y/mHJGyo0
>>435
理性とかでどうにかなる問題じゃねぇwwwwwwwwwww



438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:51 ID:3vXyWW7P0
生命の神秘だなww



439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:51 ID:vtB55nqA0
生命の神秘テラワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:54 ID:+wXAbVrkO
SG(SoGon)フィールドでは生命の神秘すら起こるのか……!



441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:56 ID:302DkG4A0
荘厳さんはごく普通の一般家庭の出身であらせられるのに荘厳であることに萌える俺ガイル



442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 20:57 ID:vtB55nqA0
>>441
そ れ が 荘 厳 ク オ リ テ ィ



445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:01 ID:+wXAbVrkO
>>441
「心は貴族のように」



446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:01 ID:kuH0WubL0
友1「ハムスター可愛い。」
友2「どうした突然www」
友1「最近妹が飼い始めた。いやーやっぱ可愛いね動物は」
男「そういえば・・・荘厳さんはペットとか飼ってるのかな?(前にミツバチを飼いならしてるのは見たことがあるけど…)」
友2「あの人はやっぱ鳳凰とかだろwwwww」
友1「ねーよwww」
男「でも、犬とか猫を飼ってるにしても血統書つきの凄いの飼ってそうだね」
友1「お、噂をすれば何とやら・・・・・荘厳さ~ん」


荘「ペットですか?飼ってますよ~」
友2「え!?どんな動物!?何て名前!?」
荘「ゴールデンハムスターの─ 友1「え!ゴールデンレトリーバー!?で!?なんて名前!?」
荘「え?あの・・・ぇぇと・・・名前は かんぺー って言うんですけd─ 友2「カ、カサンドラ!?やっぱ荘厳だぁ!」
荘「ぃや、えと・・・・・違っ・・・あ!写真ありますよ!見ますか?」

友1&2「ほほぅ、こりゃまた立派な犬ですなぁ・・・・・」
荘「ぅぅ・・・・・もういいです、犬で・・・・・」
男「荘厳さん・・・」



447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:02 ID:kuH0WubL0
友人二人のソレがわざとだったのかは今となってはわからない。
ただ俺は、荘厳さんを少しでも困らせるヤツが許せなくて、二人を───


友1「お、落ち着け男よ」
友2「友達をタコ殴りにした挙句半裸にしてその上十字架に縛り付けるなんてあんまりだ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。」
男「荘厳さんの微笑みを一瞬でも奪った罪は重い・・・」
友1&2「ヒッ!(目 が す わ っ て い る っ!)」

ガラガラッ!←戸開ける音
友1「このフローラルな芳香は!」
友2「荘厳さぁん!」
荘「何をしているのっ!?」
男「そ、荘厳さん、お、俺は・・・・・っ」
荘「 ・ ・ ・ ・ ・ 」
荘「えい、えい」ゲシッ!ゲシッ!
友1&2「あ、痛い、痛いです、ちょw蹴らないでください荘厳さんwww」
男「荘厳さん!!!」







意外な一面を垣間見た。
あと蹴られている二人が何か嬉しそうな顔しててすごくムカついた。



448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:03 ID:yCDmMR6FO
萌えた



449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:06 ID:3vXyWW7P0
荘厳さんwwww
萌えっつうかそんな事言うのはおこがましい気がしてきた



450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:08 ID:FjvCVzEb0
>>446
武士沢レシーブ乙w
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:31 | 荘厳さん

荘厳さん その13

456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:18 ID:wEbi7OIX0
教師「それじゃあ、二人組を作って相手をモデルにしながら絵を描いてー」
女「……せ、先生」
教師「どうしたー?全然筆が進んでないぞー」
女「…ですけど、先生…」
教師「あ、ああ…ああ!?こ、これは…バックに花、服装は豪華…ま、まるで貴族!!
 あ、油絵の具を準備して!!私が描きます!!!」


男「まさに荘厳!!」
友「ムダに上手いッスね、オタクッスかwww」



461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:33 ID:QeYLlUGmO
男「おはよっす」
友1「うぃ~す」
男「あれ?荘厳さんまだなんだ。珍しいな・・・」

と、遠く廊下からマーラーの第九番が鳴り響いてくる・・・

男「・・・荘厳さん・・だよな」
友1「間違いなく」
友2「な・・何かあったのか・・?」

ガララッ

荘厳「皆様、おはようございます(ニコリ)」
友2「あれ?いつもと同じ天使の微笑みだぞ・・?」

パァァァァ ‐そしていつもの様に後光が射し、花畑が広がっていく。
しかしBGMは相変わらずマーラー・・・

男「いや、何か違う! 荘厳さんに何かあったんだ!」
友1「(男、妙に熱いな・・)」
男「荘厳さん!何かあったんだろ?」
荘厳「お、男様・・・」

‐突然突風が吹き始め、嵐の様に‐



462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:34 ID:QeYLlUGmO
友2「うぉっ! ちょ、荘厳さん」
友1「う・・・動けん」
男「く・・!そ、荘厳さん・・・! うぉりゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
友1&2「おぉ!圧力に屈せず進んでいく!」

男「ハア…ハア…。荘厳さん・・・無理しなくていいんだ。俺達仲間だろ? 辛いことあったらさ、俺達に・・・・」
友1&2「(くさっ!キャラかわっとるやん)」

荘厳「男様・・・。お心遣い感謝致します・・・。 実は・・」
男「やっぱり何か・・?」
荘厳「はい・・。あの、朝食の時に妹が・・・妹が私の目玉焼きの黄身を勝手にほぐしてしまったのです! あぁ!何という事でしょう・・・最後にツルッと頂く予定でしたのに・・・・」


男「・・・・・」
全員『荘厳さん・・・・』



463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:37 ID:kuH0WubL0
>>461-462
少しずつ私生活が紐解かれてきたwwwwwwwwwっうぇwwww



465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:43 ID:+wXAbVrkO
合言葉は
「心は貴族のように」



466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:49 ID:MVPj+fFQO
貴族っていうか・・・
裕福とか貧乏とかはあまり関係無くて、とにかく「荘厳」なんだと思う。



470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:54 ID:ktJlcyhJ0
残ってたwww
うpする。見づらいけど…
d0081516_14556.jpg




473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:58 ID:3vXyWW7P0
>>470
これは良い荘厳ですね



474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:58 ID:HeyNXOfs0
>>470
おまえの絵が好きだ



493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 22:47 ID:DvBkZi2C0
荘厳「あの、男様は携帯電話を持っていらっしゃるんですか?」
男「え? はい、持ってますけど」
荘厳「良かったら、電話番号を教えていただきたいのですが…」
男「も、もちろん! 荘厳さんにだったらいくらでも教えますよ!」
荘厳「本当ですか?ありがとうございます」

その夜。リビングでテレビを見ていた男とその妹。

男「んー、あんまり面白いのやってねーなぁ」
妹「そうだねー…」
男「…!!? なんだ!? どこからか重厚なオーケストラが聞こえてくる!!」
妹「あれ!? リビングが歌劇場になってる!! ウィーンフィルハーモニー交響楽団!!?」
男「俺たちは野球中継を見てたはず…まさか!!!」
妹「お兄ちゃんの携帯!!?」
男「……やっぱり荘厳さんからだ!!!!」

荘厳「…なかなかでてくれませんわ…」



495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 22:48 ID:9yOT7IfJ0
荘厳「来週から球技大会が始まります・・・
    最後の一兵となるまで死力を尽くして戦いましょう。
    この戦いで倒れた者は私がヴァルハラへと送ってさし上げます」

男子「うちのクラスはほとんど文化部だからかなり厳しいと思・・・」

荘厳「大丈夫ですわよ? 次の体育からはリー・アーメイ教官を呼んであります」

男子「!」



496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 22:52 ID:ktJlcyhJ0
>>493
もはやオーラとかでは説明できない現象にwww



499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 23:05 ID:DvBkZi2C0
男「今時体育で柔道とかありえないよなぁ」
友「しかも男子だけじゃなくて女子もだし」
男「まぁ男女で組むことはないけど」
友「男女だとやりにくいもんなぁ」

ズバァァァン!!

男「なんだ!? 女子のほうからものすごく良い音が…」
友「あれは…荘厳さん!! あの人は柔道強いのか!?」
男「いや違う、良く見ろ!!」

荘厳「来なさい!」
女「キャァァァ!!!」 ズバァァァン!!
友「お、オーラで吹き飛ばした!!?」
男「荘厳さんすげぇ!!!」

男・友「「…ていうか柔道じゃねぇ!!!!」」

>>470
うお、俺の微妙なネタが良い感じの絵になってた。GJ!



508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 23:36 ID:ZKXS8C090
海。

男「荘厳さん・・・・一体どんな水着を着てくるのだろう・・・ゴクリ。」

突如辺りが激しい閃光につつまれる

男「うわぁッ!!??」
荘「あ、あの・・・お待たせしました・・・は、恥ずかしいのであまり見ないで下さい・・・・」
男「ま・・・・・まぶしくて周りが何も見えねぇ・・・・!!このお方の水着姿はこうも輝きを放つのか・・・ッ!?」
荘「と、とりあえず早速泳ぎましょう!!こう見えて私泳ぎには自信あるんですよっ!」(海へ向かって走り出す荘厳さん



ザザザーッ



客「す、すげぇ・・・ッ!!あの人の動きにあわせて波がひいていくぜ!!??」



511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 23:45 ID:vtB55nqA0
>>508
どんな超水着だよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
水着じゃなかった荘厳さんだwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 23:45 ID:DvBkZi2C0
荘厳さんとお出かけした帰り道

荘厳「ここまでで結構ですわ、男様」
男「いや、家まで送りますよ」
荘厳「いえ、もうすぐそこですので悪いです」
男「いやいや、まだ結構あるじゃないですか。もうすぐ暗くなりますし(荘厳さんは絶対襲われないと思うけど)」
荘厳「? 私の家をご存知なんですの?」
男「え…あ、いや、前に友達から聞いてたので…」
荘厳「あら、そうなんですか…では、お言葉に甘えさせてもらいますわ」
男「そうしてください」

荘厳さんを家に送り、自宅へと帰ってきた男。
男「すっかり暗くなっちまった」
自分の部屋の窓から外をみれば、ある一軒の家から天へと続く光の筋が…
男「荘厳さんはやっぱり輝いてるなぁ」


オチがねえ


519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 00:20 ID:77ZRZlF/O
d0081516_155078.jpg

薔薇なんて描けねぇよwww
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:30 | 荘厳さん