新ジャンル学校スレ 荘厳さんパート その2

【ツンも】新ジャンル☆すくーる2限目【クールも】 より


255 名前:なんか違うな 投稿日:2006/08/02(水) 16:27 ID:mEtgh6syO
荘厳さん「ふぁぁ……みなさま、おはようございます。」
きらきらと光の粒子が全身から溢れる
男「お、おはよう荘厳さん(あれ……?)」
素クール「今日も麗しいな(頭に何をかぶってるんだろう……)」
軍「どうした、眠たそうだな(ナイトキャップ…?)」
素シュール「…………(おしゃれだな…)」

クラス(一部除く)全体「(誰か突っ込まないかな……『なんでナイトキャップなの?』って突っ込まないかな……)』

カラカラ(ドアが開く音)
渡辺さん「みんなおはよう……あれれ~、荘厳ちゃんなんでナイトキャップかぶってるの~?」
全体「ナイスガッツ!渡辺さん!」



353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 21:18 ID:yCDmMR6FO
荘厳「何しているのですの?」
ヘ○ヘ 荒「荒ぶる鷹のポーズです!」
  |∧
 /
荘厳「面白そうね…私もやってみようかしら。」
荒「いいですよ。まず左足を上げて、そして今にも獲物に襲いかかるかのように両手をあげる。・・・そう、そうです!」
ヘ○ヘ 荘厳「荒ぶる鷹のポーズ!!」
  |∧
 /
荒「こっこれは・・・!?」
クール「鳳凰!?」
ヒート「まぶしっ!」
ツン「でも綺麗だわ・・・」


男「荘厳さん!!」



535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 12:39 ID:9o4z+3kO0

ヒート「そうごぉぉぉおおーーーーーんっ!」
荘「あら、何かしら?」
男(アイツは荘厳さんを呼び捨てにできる数少ない人物の一人だな・・・)
ヒート「おまえに!教えて!もらいたいことがあるんだぁぁぁぁぁああああああっ!」
荘「・・・何を教えればいいのかしら?(汗)」
ヒート「わたしは!バックに!炎を出したいんだぁあああぁっ!背後を演出するコツを教えてくれっ!!!!!」
荘「な、なんの事かしら・・・(´・ω・`)」



585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 15:31 ID:YDFKXQaw0
           ヘ○ヘ 荘厳「このポーズは荒ぶる鷹のポーズというらしいですわ」
             |∧ パアアア
            /
       荘厳さまぁぁぁぁぁぁぁ!!
 ヽ○ノ  ヽ○ノ   ヽ○ノ   ヽ○ノ   ヽ○ノ  ヽ○ノ   ヽ○ノ   ヽ○ノ←荒鷹
  /     /      /      /     /      /      /     /
 ノ)    ノ)    ノ)    ノ)    ノ)    ノ)    ノ)    ノ)
                鳳凰じゃ、鳳凰さまじゃ!



654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 19:31 ID:O7vRLNLuO
ヒート「さあ、誰でもこいっっ!!」
荘厳さん「では、私が。」
ピカーーー!!
ヒート「ま、まぶしいっ…!!」
ぱす。
荘厳「ストライクですわ。」
ヒート「ひ、卑怯だろそれはああ!!」
シュール「いや、残念ながら『輝かしいオーラを出してはいけない』というルールはないんだ……」

変態クール「もっと私を照らしてくれ!ハアハア」
変態ヒート「みんな見てくれ~!!!」
ツンバカ「だから服着なさいよ!」
男「お前も着ろよ」



723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/03(木) 23:05 ID:A9YQ1Cib0
幼女「……ツマンナイ
男「…お前…本当に俺の子…?
幼女「パパーダッコォー
男「え、え、え、
幼女「あ・・
荘厳「あら、意外と重いのねー


友「な、な、な!!!後光が!!こ、これは・・・!!
クラス「マリア・・・マリア様だわ・・・・
俺「ど、どこからともなく天使たちが・・・・
先生「我が校が…聖地となるのか……


男「お、俺の子供キリストだったんだ・・・・
荘厳「高い高いー



844 名前:1/2 投稿日:2006/08/04(金) 09:38 ID:WCUnujTY0
教室にて
荘厳「はぁ」
ドロ「どうしたのよ、悩み事?」
荘厳「ドロさん」
ドロ「私でよければ相談に乗るわよ」
荘厳「実は、文化祭の劇なんですけれど、役になりきれていない気がするんです」
ドロ「つまり、感情移入がうまくいかないってこと」
荘厳「はい、お恥ずかしい話しですけれど」
ドロ「おっけー、ちょっと待ってて」

ドロ「はいこれ。多少は手助けになるわよ」
荘厳「ありがとうございます。でも、これはいったい」
ドロ「気にしないで。あと、読み終わったら返してね」
荘厳「はい、わざわざありがとうございます」



845 名前:2/2 投稿日:2006/08/04(金) 09:38 ID:WCUnujTY0
その日の放課後
荘厳「おお、ロミオ!どうしてあなたはロミオなの!」
男友「ブラボォォォオオ!ブラボォォォオオ!!」
男「荘厳さんがいつも以上に光っている」
ドロ「やっぱり本物を見せると違うわねぇ」

渡辺さん「佐藤さ~ん、一緒に帰ろう。あ、ドロさんからこれ返しておいてって。これ日記?」
佐藤さん「!!!」



869 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 11:03 ID:mKLw45n40
男(向こうでシューと荘厳さん談笑してる・・・珍しい)
友1「やぁ」
友2「またストーキングですか」
男「うるさいよ。そんなことより見たまえ、シュールと荘厳さんが一緒にいるぜ」
友1「こりゃ珍しい2ショットだ」
友2「まさに最強の二人─…ん、あ!あれは!」
男「普段荘厳さんの背後に見えるはずの薔薇や白百合が稲に変わっているー!!!!!」
友2「そして何故かBGMが剣の舞に!?」
友1「・・・!何か見たことない人(上半身裸)が鎌を持って荘厳さんの背後に!まさかその鎌で荘厳さんを!?」
男「そ、荘厳さん!危ないっ!?」
友2「あぁっ違った!刈りはじめた!荘厳さんの背後でたわわに実った稲を収穫しはじめたでぇーっ!?」
男「荘厳さん!!!」


その数時間後、友2は上半身裸の男性が収穫した稲をシューに渡し、
報酬として生肉を受け取っているところを見たという。



963 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 19:12 ID:7UaxvtRs0
ツン「荘厳さん!」
クール「荘厳さん…」
ヒート「荘厳さぁああああああああああああんんっ!!!!」

狂う「ふふ…荘厳さんを前にすると、みんな狂った信者みたいね」
男「狂ったって単語はお前にだけは言われたくないな」
狂う「でもまぁ、仕方ないよね。……私たち下賎のモノがヒトのカタチを保っていられるのは、
   あの方が傍にいるときだけなのだもの…」
男「は?」
狂う「ほら、見て? ああして荘厳さんが離れていけば、
   私たちはカタチを保てなくなって元の肉塊へと戻っていくの……
   ドロドロと、ドロドロと、ドロドロと」
男「見て、と言われても…」
狂う「そう、荘厳さんだけがこの世界の真のヒト、我々を導いて下さる救世主!!
    荘厳さん荘厳さん荘厳さん荘厳さん荘厳さん荘厳さん荘厳さん荘厳さ」
荘厳「呼びました?」
男&狂う「荘厳さぁああああああああああんんんんっ!!!!」
[PR]
by SouGons | 2006-08-04 23:06 | 新ジャンル学校


<< 新ジャンル学校スレ 荘厳さんパ... 続・荘厳さん その1 >>