続・荘厳さん その2

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 09:35 ID:sx3r57N30
自動保守が2回しか発動してなくてバロスwwwwwww

そんなおまいらに荘厳さんが何かお礼をしてくださるそうです
さあ、何を望む?



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 09:38 ID:PhYnGn0Y0
一緒に海へGO!



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 10:27 ID:sx3r57N30
荘厳さんの水着

荘厳「やっぱりこんな格好で来るべきではなかったのかもしれませんね」
男「…どうしたの?」
荘厳「学校指定の水着なんか着ているの、私だけみたいですもの。ほら、みなさんあんなに不思議そうに」
男「(後光が眩しくて何を着ているのか見えなかったけど、スクール水着だったのか…)」


荘厳さんと海の家

男「そろそろお腹空いたね。海の家にいって何か食べようか」
荘厳「私はカレーをいただきますわ」
客1「俺もカレー!」
客2「俺も俺も!!」
客3「こっちもカレーだ、2人前くれ!!!」
客達「うーまーいーぞー!!!!!!!!!」
男「(海の家名物『粉っぽくて具のないカレー』があっという間に売り切れに…)」


荘厳さんと帰りの電車

荘厳「今日は楽しかったですね」
男「うん、楽しかったね(…色々大騒ぎにもなったけど)」
荘厳「あんなにはしゃいだのは久しぶりです…私、眠くなってきてしまいました…」
男「乗り換えもないし、1時間くらいかかるし、寝ちゃってもいいんじゃないかな」
荘厳「申し訳ありません、お言葉に甘えさせていただきます…すぅすぅ…」
男の肩に頭を乗せて眠ってしまう荘厳さん。
男「(可愛い寝顔だなぁ…っていうか荘厳効果で動けねえ…!!)」
結局、そのまま乗り過ごしてしまいましたとさ。



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 10:36 ID:4C5ZDUyX0
荘厳さんの趣味ってなんだったら萌えるかね?

>>58
GJ



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 11:32 ID:EsGfMVePO
荘厳「男さん、おはようございます」
男「おはよう荘厳さん…って凄いクマだよ荘厳さん!!BGMも心なしか暗い!!だ、大丈夫!?」

ふらりと椅子に座り込む荘厳。

荘厳「大丈夫です。昨日はちょっと…」
男「(ゴクリ…)」
荘厳「酔っ払いのおじさんに引っ掛かって、トキワから先に進めなくて…」
男「初代ポケモンで徹夜!?」
荘厳「もうフシギバナです」男「だいぶLV上がっちゃってる!?」


オチなし保守



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 11:35 ID:GmxngczZO
>>59
部活でもあるリコーダー



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 11:38 ID:4C5ZDUyX0
>>67
GJ

>>68
総括すると
微妙な古さのゲームとリコーダーでおk?



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 11:53 ID:GmxngczZO
>>69
個人的にはピアニカも捨てがたい。



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 11:46 ID:EsGfMVePO
>>69
周りから見てゲームはどんな風に美化されるんだろうなw



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 11:54 ID:4C5ZDUyX0
>>70
スペランカーとかでも
もうすごいスペクタクル映像になるかもねwww



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 11:08 ID:mKLw45n40
過疎の間にお題募集・・・書けるかどうかはわからんけれど



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 11:11 ID:pDDZrMS4O
>>64
熱中症で



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 11:53 ID:O1n4PxEY0
荘厳「暑いですわ…」
男「ホントに、どうかしてる」
友「しかもこんな日に体育館でバスケとか…」
荘厳「……」フラッ
男「うわぁ!?」がしっ
友「そ、荘厳さんが倒れた!! 男ナイスキャッチ!!」
男「そんなことはいいから!!! 俺は荘厳さんのオーラで動けないから、早く先生と保険医を…」

バターン! バターン!
ぶわぁぁぁ!!

男「な、体育館の扉という扉、窓という窓が全て開いて…」
友「心地よい風が流れ込んでくる!!!」
荘厳「ふぅ…涼しいですわ…」
男「おぉ! 良かった、荘厳さんが復活した!!」
友「さすが荘厳さん!!」
荘厳「え…? き、きゃあ!! 男様、そんな大胆な!!!」
男「ぎゃぁぁぁぁ!!!!」
友「あぁ!! 男が荘厳さんの恥じらいのオーラで吹っ飛ばされた!!!」
男「フ…抱きとめた…まま…だった、ぜ…」ガク

友「男ぉぉぉぉぉぉ!!!!!」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 12:01 ID:NIXeVY040
~熱中症~

男:なんかよくわからんうちに俺と友人と荘厳さんは海に行くことになった。
  (何故か理科教師までついてきやがった)
  途中までは楽しかったんだ。途中まではね。でもさ、急に意識が遠くなって─

荘「キャァァァァ!男様!男様っ!?しっかりしてください!」
友1「荘厳さん落ち着いて!熱中症だな・・・とにかく日陰で冷却するんだっ」
友2「これはかなり酷いぞ、病院に運んだ方が良さそうだ」
友1「だ、だが来るときに見たろう、道路は渋滞だし、最寄の病院までは歩いて行ける距離じゃない・・・」
荘「そんな・・・男様! あぁっ、神様・・・どうか男様をお助けください・・・!」
友2「クソッ!どうする どうする・・・っ!」
荘「ぅぅっ・・・・・!   !そうだわっ!お父様!お父様~っ!!!」

と、荘厳の叫びが数回エコーした後、すさまじき轟音とともにあたりが強い光に包まれた
ザバ!ドドドドドドドドドドドドドドド!
友1「こ、これは・・・・・!?」
光が消えるとともに砂浜に姿を現したのは凄まじきオーラを放つ謎の漁船であった
荘「お父様っ!どうか彼をすぐに病院まで運んでさしあげて下さい!」

すると突如男の体は柔らかな光に包まれ、ふわりと宙に浮き漁船の操舵室へ吸い込まれていったのである
次の刹那、漁船はまばゆい光を放ち三人の眼前からは消えていたという。


男:次の日の朝、俺が病院で目を覚ました後に友から聞いた話はここまでだ。そして─

友1「おい男、この記事見てみろよ!」
と、友が差し出した朝刊には「病院の屋上に謎の漁船出現」「激しい光とともに消失」などの記事が踊っていた
男「荘厳さん!!!」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 12:10 ID:EsGfMVePO
>>76
荘厳父が神にww



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 12:31 ID:BCnvVWYEO
だから荘厳父はZ戦士かなんかかとwwwwwwwwwww



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/04(金) 12:42 ID:NIXeVY040
~おまけ~

男「荘厳さん、この間俺が熱中症になったとき助けてくれたんだろ?ありがとう」
荘「そ、そんな…男様にお礼を言われるだなんて・・・照れてしまいますわ・・・」
男「いやいや。ほんとにありがとうね。」
男「それはそうと、俺こないだの事よく覚えてないんだよね。一体どうやって助けてくれたんだい?」
荘「えぇ、あのときは私のお父さm…ハッ!ゲフンゲフン!・・・・・神様に祈ったの、どうか男様を助けてあげてってね。」
荘「うふふ、不思議なできごとって、あるものですね♪」
男「荘厳さん!!!」





ちなみにあの日理科教師は海の家で寝タバコによるボヤ騒ぎを起こしてそれどころではかったそうだ
[PR]
by SouGons | 2006-08-04 21:27 | 荘厳さん


<< 続・荘厳さん その1 続・荘厳さん その3 >>