荘厳さん その6

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 02:41 ID:0v0FUcCCO
男「昨日夢に荘厳さんが出てきたんだけどよー」
友人「お前よく生きてたな!!」
男「どういう意味だよ!?」
友人「お前知らねーの?B組の吉田、夢に荘厳が出てから3ヶ月ずっと眠りっぱなしって話だぜ!?なんでも寝言でずっとこう言ってるらしいぜ」
男「荘厳さん!!!!!???」
友人「イエス!!!!!!」



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 02:59 ID:2T/+DrXN0
ドッヂボール

友1「しまった!ボールが荘厳さんの手にッ!」
男「逃げろ、皆逃げるんだッ!」
荘厳「いきますよ……それっ!」
パァァァァァァ(光)
男「うおっまぶしっ」
友1「うおっまぶしっ」
友2「うおっまぶしっ」
友3「うおっまぶ(どかっ)」
男「友3ーーーーッ!」
荘厳「あら。また当たってしまいましたね」
男「くそ、さすが荘厳さんだ……」
友1「敵いっこねぇ……」
友2「っていうか捕れねぇよ!何だあの物凄い後光!?」
友3「俺、こんなネタ、マサルさんで……ガクッ」

教師「素晴らしい、あれこそ勝利の女神……ッ!」
女「保健委員ー!先生が鼻血噴いて倒れたー!」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:01 ID:bV5HWfWn0
>>173
ヒント:サングラス



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:02 ID:t8VimKWpO
~肝試し~

 くじ引きの結果、俺は女とペアになった
男「だ、大丈夫だよ、俺がついてるから!」
女「そんなこと言ってビビってんじゃないの?w」
男「ハハハ…んなわけないじゃん(実は苦手なんだよな…ハァ)
 森の奥へと足を進めていく。そろそろゴールかと思った…その時
 薄暗い森の奥から響く笑い声…
 そこには色白の女が立っていた。いや、立っていたという表現は不適切かもしれない。
 なぜならその女には、腰から下が、無かったから。
男「うわああああぁぁぁあああ!!!!!!!!!!」
女「きゃああぁぁぁぁぁああ!!!!!!!!!!」
 俺たちは声にならない叫び声をあげ、来た道を無我夢中で走って戻った。
 後ろを見ると女が有り得ないスピードで迫って来ている
 余りの恐怖に足がもつれる。だが、「ここで倒れたら殺される」
 そう確信できる程の「恐怖」に駆られ必死で走った。
 すると前方に自分たちの後ろの組らしき懐中電灯?の光が見えた
 俺は必死に声を絞って叫んだ
男「おい、逃げろ!いいから早く!!!!!」
男友「! どうした、何があった?!」
男「今は説明してる暇はっ……?!」
 後ろで何かが起こっていることを感じ振り返ると…
 女の霊が自分たちがさっき見た懐中電灯らしき光に照らされ
 安らかな顔で天へと昇って行っている…これって…成仏?
男「おい、お前のペアって…やっぱり荘厳さぁん!!!!!」
女「後光!懐中電灯じゃなく後光!」



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:03 ID:sX0TloFO0
成仏wwwwwwwwwwwww



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:11 ID:cyrmWv+80
ほしゅがてら

教師「えーっと…じゃあここから、そ、荘厳、立って読んでくれ」
男「駄目だ先生!荘厳さんに読ませたら……!」
荘厳「わかりました…せんせい、あのね…」
友「ていうか何で小学1年の…あぁ!!?いつのまにか教室がオペラ座に!」
教師「何故だ!何故こんなに感動的なんだ!!」
男「パイプオルガンの壮大なBGMが聞こえるっ!!!」
友「小学生の他愛もない日常なのに!!!」
荘厳「かさがあさがおになったよ…読み終わりました」
教師「ブラボォォォ!!!!!」
友「ブラボォォォ!!!!」
男「朝顔ブラボォォォォ!!!」
みんな「荘厳サァァァァァン!!!!!」

教室は15分間のスタンディングオベーションに包まれました。



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:12 ID:wJN0WoDWO
描いてみたは良いが荘厳じゃねえ。
d0081516_0262839.jpg




180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:17 ID:sX0TloFO0
少年「くそっ…もうこんな生活まっぴらだ!
    俺は、ここから飛び降りて……死んでやるんだっ!」
父親「お、おい、馬鹿なことはやめろ!」
母親「そうよ、自殺だなんて、そんなっ!」
少年「なんだよ、あんたら俺に一体何をしてくれたよ!
    俺がいじめられて帰ってきたって、引き篭もったって、傍観してるだけだっただろ!?
    それを今更……今更っ!!」
父親「うっ……」
少年「俺は、俺はぁあああっ!!!」

 少年、飛び降りる

荘厳「やめてくださいっ!」

 ふぁああああああああああ

少年「こ、この光は……あ、暖かい…」
父親「光が息子を包み込んでいるっ…!」
母親「聖なる光が、あの子をゆっくりと地上へ下ろして行くわ…!」

荘厳「やめてください…そんなこと…っ!」
男「わ、悪かったよ…飛び降り現場見ようと野次馬して、うっかり花壇の花を踏んだことは謝るよ!」
少年「お、俺が、俺が悪かったです! すみませんでしたぁあああ!」
男「…あれ? さっきまで飛び降りようとしてた人?」
荘厳「???」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:28 ID:aYHxvIE/O
コンビニ


深夜のコンビニに突如まばゆい光が差し込み
両明きの扉が重々しく音を立ててひらく
荘厳「…こんばんわ」

店員「ぃらっさぁせー」

荘厳、ゆらりとスウェットを翻し、
レジへ厳かに足を運ぶ
荘厳「すみません…からあげクンが欲しいのですが…」
店員「星降る高原で夢を見るように眠った若鶏に
聖なる白き粉をまぶし、
神が与えたもうた灼熱の黄金汁で
カラッと揚げたからあげクンでよろしいですか?」
荘厳「はい…」
店員「ありぁっござぃやしたーまたどうぞー」



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:29 ID:sX0TloFO0
>>182
どんだけポエマーなんだよその店員はwwwwwwwwwwwwww



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:35 ID:sX0TloFO0
役員決め

先生「あー、今期も女子の委員長はツン、頼めるか?」
ツン「はい、分かりました」
先生「で、男子の方は……立候補はいるか?」
男子一同「…………」
先生「いないか。じゃあ、推薦は?」
荘厳「はい」
先生「そ、荘厳っ!! お、お前が推薦すると、いうのか!?」
荘厳「はい」
先生「して、誰を推すというのですか!」
荘厳「私、男様が委員長には適任ではと思うのですが、いかがでしょうか」
男「え、俺!?」
荘厳「勿論、男様の意見もお聞きしないと…」
男「いえ、荘厳さんのご命令とあれば、俺は、身を粉にして貴女に仕える所存です!」
荘厳「あの、何故膝をつくのです…?」
先生「荘厳の推薦ならば間違いない、頼んだぞ、男」
クラス一同「おっとっこ! おっとっこ!」
男「お前ら、叫ぶ名前を間違っているぞ。称えるべきは俺じゃない、荘厳さんだ!」

クラス一同「うおおおおおおおお荘厳さぁああああああああああんっっ!!!!!!11」



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:36 ID:PUHfFzpy0
ツンかませ犬wwwwwwwwwww



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:36 ID:wJN0WoDWO
この保守が終わったら俺あいつに告白するんだ…
じゃあ、おやすみ。
d0081516_0265882.jpg




188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/02(水) 03:38 ID:sX0TloFO0
>>187
お前の絵、かわいいな
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:33 | 荘厳さん


<< 荘厳さん その5 荘厳さん その7 >>