荘厳さん その1

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 19:43 ID:HoPpYK3I0
964 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/08/01(火) 18:31:51.75 ID:HoPpYK3I0
なんか俺、荘厳っていうと

教室のドアが開く
 がらがらがらっ
荘厳「みなさま…おはようございます……」
 何故か射す後光。
 脳内で流れ出すオーケストラ。
男「う、お……あ…お、おはよう、荘厳…」
荘厳「おはようございます、男様。昨日はお休みだったのですね…」
男「あ、あぁ…風邪で熱が出てさ…」
荘厳「そうだったのですか、もう、熱は下がったのですか…?」
 荘厳、手をゆるりと伸ばし、男の額へ。
 揺れる髪から百合の香り。
男「う、うあっ!」
 オーラに威圧され思わず引き下がる男
荘厳「あ……っ」
男「あ、ごめ……つい……」
荘厳「いえ、私こそ申し訳ございません。男様がご無事でいらしたのなら、何よりです…。では」
男「あ、うん…」
 大して長いスカートでもないのに何故か風に舞い翻る。
 何故かその背からは翼が伸びているような幻覚が……
男「な、なんかあいつ、すっごい近寄り難いんだよなぁ……」


ごめん、立ててごめん




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 19:56 ID:HoPpYK3I0
でも、なんか書いちゃったから立てたけど、正直ネタないんですよね('A`)



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 19:58 ID:gJvtXQNA0
俺は荘厳ていうと、煌びやかな鎧兜身にまとったラオウがまず頭に浮かぶ



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:06 ID:jv5uCRhV0
>>7
ちょっwwwこのスレ自体が無駄wwwwwww



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:17 ID:HoPpYK3I0
>>10
うん、ごめん……大人しく素直狂うでも書く



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:20 ID:jv5uCRhV0
>>12
でも気になるので厳かに保守



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:31 ID:HoPpYK3I0
授業中

先生「みんな、宿題はやってきたな? じゃあえーと、荘厳、①の問題から答えてみろ」
荘厳「……申し訳ございません、私、宿題を忘れてしまいました……」

 BGM:ベートヴェン 悲愴ソナタ

先生「お、お前が忘れてくるなんて、珍しいな…」
荘厳「本当に、申し訳ございません…。私、なんとお詫びをすれば良いのか…」

 散華する白百合……

先生「あ、いや、こちらこそ……」
荘厳「明日までには、必ず持ってまいりますので……」
先生「いや、そんなわざわざ畏れ多い……」


だめだ、かけねw



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:31 ID:7gI6QHrb0
知識が必要すぎる



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:32 ID:HoPpYK3I0
ていうか、荘厳は「オーラ」なんだよ「オーラ」!
どうやって文章でオーラを醸し出せというのだ!!!!



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:34 ID:7gI6QHrb0
荘厳←なぜかよく意味がわからない

学校スレでは見た目だけ金持ちのスネオキャラだったな



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:45 ID:UmCFmblC0
エロシーンは交響楽団によるBGMの生演奏つき
これでオフィスでの隠れた情事だろうが青姦だろうが隣三軒を巻き込む荘厳さが味わえる


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:47 ID:g31U90Ua0
お、お姉様っ!



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:49 ID:oAcvMyx10
>>27 
この泥棒猫



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:51 ID:g31U90Ua0
>>28
いや違う。

なんていうか、女子の頬に手を伸ばして、かすかに微笑むチックなことを妄想した俺は
マリみてを読みすぎてますかそうですか。
でもね、一回もみたこと無いんだよ。マリ見て。

フヒヒ、すいません !



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:52 ID:HoPpYK3I0
昼食

男「さーて、メシだメシだぁー」
荘厳「男様……」
男「う、うわっ! そ、荘厳……な、なんだ?」
荘厳「もし宜しければ、お昼をご一緒しませんか…?」
男「で、でも、俺学食だぜ? 荘厳は弁当、だろ?」
荘厳「あの……差し出がましいかもしれませんが、男様にお弁当を作ってきたのですが…」
男「え?」
荘厳「勿論、男様が食べたくないとおっしゃるのでしたら、私は…」
男「あ、いや、た、食べさせていただきます!」
荘厳「よかった……」

 取り出される漆塗りのお重……のような雰囲気を醸し出すフツウのプラスチックのお弁当箱。
 蓋が厳かに取り外される……

男「お、おぉ……な、何故だ……ごく一般的なお弁当メニューなはずなのに、なんだこの輝きは!!! 
   まるで宮廷の大テーブルに並べられた晩餐のような威圧感っ!!!!!」
荘厳「どうぞ、お召し上がりください…」
男「でも、俺あの…マナーとか…」
荘厳「ただのお弁当です…いつも通りに食べてくだされば…」
男「……いただきます……もぐもぐ(緊張して味がっ!わからねぇっ!!!!!!)」
荘厳「あの……いかが、です、か?」
男「え、あ………」
荘厳「…………」

 BGM:ベートーヴェン 運命

男「あ、いやっ!!! すごいおいしいよ!!!!」
女「いえ、私の力不足です……申し訳ございませんでした……」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:53 ID:w0xVAAHe0
か…書けない…俺には書けない…
文章力の問題じゃない…
ただ、荘厳を汚してしまうのが…怖いんだ…



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:54 ID:HoPpYK3I0
>>31
書いてくれよぉおおおおお
俺にもかけねぇよぉおおおおおお!!!!



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:58 ID:jv5uCRhV0
こ・・・これはっ・・・・・!
>>1のクゥォリティが少しずつ上がっているっ!?
見える!俺にも見えるぞ荘厳の後ろに後光が!!!!!



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/08/01(火) 20:59 ID:HoPpYK3I0
>>36
ねーよwwwwwww
ていうか誰か助けろこの状況('A`)
立てた俺が悪いのか('A`)
[PR]
by SouGons | 2006-08-03 18:34 | 荘厳さん


<< 続・荘厳さん その4 荘厳さん その2 >>